ブログ|株式会社J-NET LINE

オフィシャルブログ

泉車庫新設

DSC_0276.JPG

お陰様で今回の増車により、これ迄の拠点の寒川車庫だけでは窮屈になり、新規受注も相まって
横浜市泉区和泉町に車庫を増設する運びとなりました。
至らない点が多い中でしっかりとした仕事を継続してくれているドライバーさん達とそれを評価してくれているお得意様在っての事です。

引続き寒川車庫と新設の泉車庫でもドライバーさんを募集します。
4t・大型地場輸送をお願いします。
当社では日勤・夜勤とも拘束時間を12時間未満の業務を主としています。
興味のある方は是非連絡をお願いします❗
045-459-6633又はkasai@j-net-line.com迄

大型冷凍車納車

_20190927_041433.JPG

昨日、無事に納車されました。
総輪エアサスの2温度対応車両
サイドバンパーもこれ迄のアルミからステンレスに変更してみました
なかなか綺麗でいい感じ

お陰様で来月には横浜市泉区に車庫を増設する運びとなります。
これも、日々頑張ってくれているドライバー達と彼らを評価していただいているお得意様によるものと感謝しています。

新設の横浜市泉区の車庫勤務希望のドライバーさん・事務職員(運行管理業務)さんを募ります。

これからもお得意様に高い評価を頂き、社員一人一人がやりがいを感じられる会社としていきましょう(^o^)

台風15号 暴れたねぇ~

9/8、日が変わる辺りから当番だけに任せきれずに携帯2台握りしめて自宅待機

1台1台の出発を防犯カメラとデジタコの動態でチェックしてました

当社だけではないでしょうが、ドライバーさんは偉いねえ~
「こんな天気だから早目に来てみました」「道路上で何か起きたら連絡するよ
」ドライバーさんによっては「今ここまで来ました、ここまでは異常無いから、この先◯◯を通って◯◯に向かいますね」何て言う連絡を細かく入れてくれる

俺はドライバー時代、あんなに気の効いた奴じゃなかった
「任しとけ、積んだ荷物は責任持って届ける」的で、他の人の事やまして管理者の事なんて考えてもいなかったと思う
細かい情報をもらえることで荷主様とのやり取りがとてもスムーズで、降ろせない(多くは停電の影響)や時間に間に合わない等のクレームも無く(現時点で)午後を迎えました。

当社では風速20m/mを超えると判断できる場合、ドライバーの一存で運行を一時停止して良い
となってるので、数台は路上にて約2時間運行を停止し、車庫にて出発見合せも数台発生しています。

結果として、少し水没が1台と何故かメッキミラーカバーが飛んだって言う車両が出たのみで今のところ被害は軽微です。

皆さんは大事無いですか

大型冷凍車が増車になります

来月と再来月
大型冷凍車を新造投入するにあたり、ドライバーさんを募集しています。
業務内容や待遇などはお問い合わせください。

その他、飲料輸送や路線貨物輸送など大型車にて多様な輸送をしていますので興味のある方はお問い合わせください。

0467-39-5701

ドライブレコーダーのお陰で

昨日、弊社HPにとあるYouTubeの投稿をお知らせくださる✉️が届き、拝見したところ非常に危険な運転をしていることを確認し、当該ドライバーを指導することが出来ました。

危険運転の発生要因は全くの思い違いで違う店舗に配送に行ってしまい、正規の店舗への納品時間に大幅な遅れが生じてしまった事からパニック状態となり、兎に角急いで戻らないと
と言う一念にて危険運転を実践してしまったとの事。

今回はたまたま投稿者の方がゆとりのある方だったので事なきを得ていますが、これが仮にバイクであったりした場合には転倒→車両下に潜り込み→車両に巻き込まれる
と言うような事故に繋がった可能性はかなり高い危険転回でした。

本人には数日間の下車勤務措置と教育を行い、再乗務員となります。

自社のドライブレコーダーでは到底わからない情報が頂けた事に感謝します。

まだ電気工事が遅れていますが

輸送品質向上と安全確保に向けた教育施設充実のために投資を続けています。
安全教育は国で定められた内容に沿って計画的に実行することが定められていますが、輸送品質の向上も必要不可欠な時代ですね
これまでは近くの施設を借りて実行してきましたが、こちらの日程通りに施設が借りられないなど、色々な面で不都合を感じ、施設を充実することにしました。
計画通りに社員教育を実行し、輸送の安全と品質の向上を図って参ります。

次年度は大型冷凍車を更に数台増車し、特に冷凍輸送力が更に向上します。

荷主様主催の物流会議です

ここの会社の物流会議は、会議の最後に参加全社が前期の事故報告と自社の無事故に向けた取組を発表します。
何よりこれが勉強になります。
他社の取組を単に真似るのではなく、当社の状況やドライバーのレベルに合わせてアレンジして真似る
こんな感じが好みですねぇ~

運行管理者の義務

今日は運行管理者講習です
丸一日、安全管理技術等について頑張って勉強しましょう

残念負け

2点取った
ベルギー相手に2点
これは凄い
こんなにサッカーのレベル上がってんだね
最終的な結果は負け
それが事実だけど、GLのパス回しの批判の影響
あったのかなぁ~
2点取ったんだから何言われてもパス回し戦術で行けたら良かったんじゃないかなぁ~
あっ
これも批判になるね(^_^;)
兎に角お疲れ様でした
侍JAPAN

アクティブセーフティー

最近は事故を機械的に起こさせない、又は軽減する
という事で、居眠り防止装置に車線逸脱警告や自動ブレーキの付いているトラックが標準になっていますね
勿論良いことなんだけど、この自動ブレーキ
これで荷崩れを発生させると言う事故の報に触れる事が多くなったように思います。
「予期せず割り込まれて更に急減速」⇒これで追突回避ブレーキが作動して荷崩れ
「前の車がカード入れ忘れ?でETCゲートに進入し急停車」⇒追突回避ブレーキが作動して荷崩れ
何て言うもの

両方とも前走車両に非があるように見えるかもしれないけど、決してそうじゃない
両方とも、「だろう運転」が引き起こした、少なくともプロとしては恥ずかしい事故だよね

道に迷っている(何かを探している)車は遠目でも不審な動きをしていることがほとんど
なのに大丈夫だろうと思って対処しなかったか、全く不審な挙動に気付く事が出来なかったか
でしょうね

ゲートの事故も進入速度は20k/m以下
と規定されているけど、それ以上の速度で前車に接近し、当然行くだろう
と言う根拠の無い思い込みが原因

しかし、実はこのドライバーさん
日頃から車間を詰めて走る癖がついてしまっていて、対処出来なかった
が、要因だよね

新しい装備のある車に乗るにはその装備に見合った知識と経験の在るドライバーが乗務しないといけない

少なくとも当社では折に触れてドライバー達には展開しています。